• 児童待機問題と保育所

保育所に入れない児童

小さいお子さんを持つ親にとって非常に敏感になる問題といえば、保育所や待機児童問題ではないでしょうか。現在妊娠中の方や、これから子どもを預けなければならない親御さんは、無事に保育園へ入所させることができるのか不安で仕方ないかもしれません。

そもそも待機児童とは、保育園への入所申請が済んでいるにもかかわらず、空きがないため保育園へ入所できない児童のことです。入所が決まらないと、子どもの面倒を見ている女性が仕事へ復帰したくてもできない状況に陥ります。このような問題を抱えた家庭が多いため、今では大きな社会問題になっているのです。ここまで問題が膨らんでしまった原因としては、女性の就業率の上昇や保育士の少なさが挙げられるでしょう。女性の就業率が上がること自体は良いことなのですが、それが国の予想をはるかに超え、準備が追いつかないところに要因がありそうです。また、保育園新設に関して、地域住民が快諾してくれないという新たな問題も発生しています。待機児童から派生する問題も同時に解決していかなければならず、かなり事態は深刻と言えるでしょう。

このように難しい問題となっている待機児童と保育所の問題ですが、実際のところどのような背景があるのか知らない方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで当サイトでは、待機児童問題の原因に焦点を当ててご紹介します。どうしてこのような事態になっているのか、原因はどのようなところにあるのかを知らなかった方が、少しでも待機児童問題を知るきっかけになればと思います。


■ 関連おすすめサイト ■
保育所だけでなく、保育士の人手確保も大きな課題です。有効求人倍率が非常に高いので、条件や待遇を引き上げている法人もあると言います。こちらは保育士に特化した求人サイトで、4万件以上の求人情報がご覧になれます。ご参考下さい ⇒ 保育士 求人

Copyrightc2017 児童待機問題と保育所 All Rights Reserved.